空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中 > 京都市F邸リノベ

京都市F邸リノベ

sdr
sdr
新たな間取りに対応すべく、各所に新しい柱や梁が設置されております。

最終的に現れる柱は化粧材が使われておりますので、養生のためシートで包まれております。

このシートが外される時が完成直前の時となりますが、それはまだ先のお楽しみでもあります。

いよいよ既存のサッシも入れ替えられる予定で、正確な位置出しや既存部材との取り合いでの

微調整などが進められております。

mde
電気や設備関係の仕込み工事も進んでおりまして、エアコンの天井裏先行配管なども

確認できます。

天井の懐に限りがありますので、配管ルート選びも慎重に、慎重に。

といった感じで依然として骨組みの状態が続いておりますが、少しづつ目に見える

変化が現れはじめた感じです。

 

 

京都市F邸リノベ | by muranishi | comments(0)
18.11.24 Saturday

仕上材各種

dav
フローリングや天井材、タイルなどの発注前の最終確認をお施主様と共に現地で行いました。

茶室の天井板を杉の無垢板に変更することが決定いたしましたのに伴い、それを取り巻く

各種仕上げ関係も少しずつ微調整を加えながら、全体の統一感を持たせていく作業でも

あります。

小さなピースで見るのと、仕上がりの大きな面積で見る印象は異なりますので、その辺りにも

注意しつつ、といった感じ。

現場の方は竿縁がついたり。。

dav
リビング中央に設置予定の八角柱の加工が進められていたり。。

dav
といった感じで徐々に変化しつつあります。

 

京都市F邸リノベ | by muranishi | comments(0)
18.11.19 Monday

化粧材各種

工務店さんの倉庫で確認しておりました桜の木が八角柱となって現場に

搬入されました。

dav
背割りの面なども決めまして、あるべき場所へと移動。

dav
無垢材の存在感が、空間の雰囲気を一気に引き締めてくれると思います。

そして茶室となる部屋では竿縁の仮置きが進められておりました。

dav
仮置きですので、鴨居部分に置かれていますが、実際には廻り縁部分に設置されて

いきます。

上の写真では分かりにくいですが、材料は杉を猿頬加工したもの。

dav
木の断面が猿の頬のようにくびれさせることで表情を和らげています。

これらも既製品ではないため、当然ですが全て大工さんの手仕事により

角材を加工頂いております。

次回伺う頃には天井板まで貼られているかどうか?といったところですが

徐々に変化しつつあります。

京都市F邸リノベ | by muranishi | comments(0)
18.11.10 Saturday

構造補強進行中

遠方にお住まいのため、本日は着工以降初めてお施主様に現場をご覧頂きました。

すっかり骨組みだけとなった姿に興味津々のご様子でした。

dav
構造上どうしても動かせない柱や、間取り変更に伴い構造補強が進んでいる箇所など

ご説明いたしまして、内部の構造がどうのようになっているのかご覧頂きました。

mde
新たに設けられた梁と既存の梁もボルトで緊結されていたりと、構造補強も

着々と進んでおります。

劇的な変化まではまだまだですが、構造や断熱など建物の基本性能となる部分の

作業中です。

見た目は地味ですが、大切な工程でもあります。

京都市F邸リノベ | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 3 PAGES |
建築中
NEW POST
京都市F邸リノベ
京都市F邸マンションリノベ
京都市F邸リノベ
京都市F邸リノベ
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED