空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中 > 京都市F邸リノベ<竣工>

京都市F邸リノベ<竣工>

19.06.28 Friday

完成を迎えました

sdr
庭のメインとなります南側の茶庭作庭作業が終盤を迎えております。

sdr
御所にも敷かれている少し黒っぽい砂利が敷かれまして、良い表情と

なりました。

dav
既存の蹲も組み直されまして、見違えるように良くなりました。

実はこの下には水琴窟が仕込まれております。

涼やかな音が耳も楽しませてくれる庭となりました。

sdr
約9か月にわたって行われてきた改修工事ですが、ようやく完成の運びとなりました。

F様、長い期間お待たせいたしましたが、完成おめでとうございます!!

そしてこれからも末永いお付き合いの程 宜しくお願い申し上げます。

 

京都市F邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)

sdr
既存の門扉をやりかえまして、軒にも銅製の樋が取付けられました。

既存塀も左官にてキレイに仕上げられ、完成形を迎えております。

sdr
リビングの東側の空間も石・建仁寺垣・四ツ目垣・枝折戸・灯篭・枝垂れ紅葉・黒竹・白川砂利

といった素材が融合し、ひとつの庭を形成いたしました。

眼にも鮮やかな緑が心を潤してくれます。

dav
バスコートの一部もバージョンアップされまして、蹲と木賊が施されました。

dav
リビングの地窓からもバスコートが見えます。

この窓は空間に奥行を持たせてくれる重要な窓となっております。

dav
茶庭は只今水琴窟の製作中でもう少し時間が掛かりますが

玄関の袖垣位置も微調整いたしまして、落着きと共に良い広がりを与えてくれそうです。

といった感じでほぼ完成を迎えつつありますが、最後まで慎重に空間を形成して

参りたいと思います。

 

京都市F邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)
19.06.15 Saturday

間もなく完成

sdr
軒の簾も掛かりまして、完成まであと一歩といった感じです。

sdr
簾越しに見えます縁側。その先に見えますのは唐長さんによります

大竹の襖絵。濃紺と銀のコントラストがキレイです。

dav
正面から見ますとこんな感じ。

他にも・・

dav
四季の移ろいを映した唐紙も和室に設えられ、見惚れてしまいます。

sdr
外部では杉皮に竹が取付けられたり・・

dav
バスコートに手水鉢が置かれたり・・

mde
内部では水屋が作られたり・・

と完成形へとまっしぐらです。

京都市F邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)

dav
通用口となる部分の露地。

その部分も存分に和の雰囲気を味わうべく、飛び石を四半敷きとして

奥の石庭へと意識を向ける状態としております。

雨水枡などをうまくかわしながらレイアウトを決定。

奥へ誘う露地空間が出来上がりつつあります。

dav
南のメインとなります庭では、塀に杉皮が施されていっております。

張られた様子はこのような感じ。

sdr
塀瓦も施され、雰囲気が出つつあります。

この杉皮を黒竹で押えていく予定です。

sdr
通用口廻りでは敷石の割付なども検討しまして、外構工事も佳境を迎えつつ

あります。

 

京都市F邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 11 PAGES |
建築中
NEW POST
京都市I邸
大阪市T邸
大阪市T邸
枚方市H邸<竣工>
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED