空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中 > 京都市F邸リノベ

京都市F邸リノベ

19.02.16 Saturday

dav
玄関ホールの正面に床飾りを設けるのですが、写真はその床飾りの地板となる部分。

ケヤキを拭き漆で仕上げ、框を朱の漆でとしております。

ここに赤松の皮付き丸太が据え付けられて行く予定。

dav
床の間の一部は曲面の左官壁が設えられ、奥行き感のある空間が訪れる方々を

出迎えてくれる予定です。

dav
2階の寝室には下がり天井部分に網代が設置され、完成形へ一歩近づきました。

dav
トイレの天井にも網代が据えられ、黒竹の竿縁と共に良い感じに仕上がりつつ

あります。

dav
玄関の床柱も現場でご覧のように加工中。

竣工に向けて一歩一歩進んでおります。

 

京都市F邸リノベ | by muranishi | comments(0)
19.02.09 Saturday

表情の変化

dav
写真はトイレの天井に用いられる亀甲型の杉網代板。

各所天井の仕上工事が着々と進んでおります。

dav
例えば写真の左手は広縁の天井で、黒部へぎ板の網代天井となっております。

右手は茶室となります天井で、杉中杢の無垢板天井。

といった感じで部屋ごとに色々な表情の天井が出迎えてくれます。

dav
現場では飾り棚に設置予定の北山杉化粧絞り丸太が大工さんの手によって

加工が進められていたり。。

dav
写真奥に赤松皮付き丸太が設置されていたり。。とこれまた空間を彩るかの如く

表情に富んだ化粧柱などの据え付けが進んでおります。

これからもどんどん空間の表情が変わって参りますので、乞うご期待です。

 

京都市F邸リノベ | by muranishi | comments(0)

dav
廊下の曲がり角に設置する北山杉の化粧磨き丸太。見せ方を検討し、もう少し中に入れていただくように

お願いしましたが、ちょっとしたワンポイントになってくれる予定。

この領域には実は色々な要素が空間を構成することとなりますので、それらを統合する一つの柱としての

役割も担ってもらいます。

dav
2階ではチラッとしか見えませんが、手斧仕上の床フローリングがほぼ施工完了しておりまして

これから壁廻りの仕上工事へと入って参ります。

dav
パウダールームでは天井タモ羽目板の施工が始まりまして、割付はランダムになるように

して頂いております。

照明器具の割付も羽目板のジョイントにダウンライトが設置される予定。

完成形を段取りしつつ、工事は進められます。

dav
茶室では杉の無垢板天井の施工がいよいよ始まりました。

イメージ通りの中杢目。まあ、実物を見て選定しましたので当然ですが

あるべき場所に納まっていく姿を見ると非常に心が浮き立ちつつ、落ち着いて

参ります。

といった感じで、各所で着々と完成形を迎えつつあります。

 

京都市F邸リノベ | by muranishi | comments(0)

dav
キッチンの壁・天井下地が其々ほぼ完成しておりまして、システムキッチンの

設置を待つ状態となりました。

sdr
2階では既存梁を杉材で包み込む作業も完了しておりました。

dav
窓廻りの障子鴨居、照明BOX、ヘッドボードといった下地の細工も徐々に

仕上がりつつあります。

本日はお施主様と共に唐紙の選定をするべく、ショールームにも足を運び

まして、かなり充実した半日となりました。

唐紙の選定はまだまだ続く予定です。

京都市F邸リノベ | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 6 PAGES |
建築中
NEW POST
京都市F邸リノベ
生駒市T邸リノベ
京都市F邸マンションリノベ
京都市F邸リノベ
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED