空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中 > 向日市N邸リノベ

向日市N邸リノベ

今まで納屋として使用されておりましたので、開口は殆どない空間

でしたが、この一週間で外壁に開口が開けられたり、既存の開口を

大きくしたりという作業が行われました。

1
開口が開けられたことで、子供部屋へと変貌を遂げる空間は明るく風通しの

良い場所へとなりつつあります。

3
道路に面する開口の外側には格子がつきますので、もう少し外部からの視線

を緩やかに遮断することとなりますが、以前より格段に開放感があがって

おります。

サッシは全てペアガラスですので、温熱環境にも配慮しつつ明るさを確保

する形となっております。

天井にも断熱材が敷設され。。

2
プラスターボードの施工も進んでおります。

この建物を支え続けてきた柱や梁を一部見せつつ、新しい仕上げが施される

空間が出来上がりつつあります。

 

向日市N邸リノベ | by muranishi | comments(0)
18.02.09 Friday

耐力壁など施工中

1
子供室同士の間仕切り部分の下地の様子。

耐力壁や雑壁の施工が進行中です。

折角のワンルーム的空間を閉じてしまうのは勿体ない気もしますが、そもそも

個室を2室確保するというのが最大のテーマでしたので、そこは譲れない点

でもあります。

より安全に、より快適な空間となるよう下準備が成されている状況です。

其々の個室には「勾配天井の少し篭もれる空間」と「屋根裏部屋(ロフト)」

が配されます。

2
写真はロフトの床下地状況。床が水平となるように根太で調整中の様子です。

電気の配線なども仕込まれつつありまして、本日は照明やコンセント、エア

コンの位置などの確認を行いました。

来週明けにはいよいよ壁面に開口(窓)が開けられる予定ですので、各段に

明るくなるはずです。

 

向日市N邸リノベ | by muranishi | comments(0)
18.02.03 Saturday

各所下地が着々と

床下の断熱材施工や床下地の施工がほぼ完了。

1
耐力壁や間仕切り壁なども作業が進められております。

本日は照明器具の取付け位置検討や建具枠の納まり検討などを行いまして

今後の作業が滞らないように現場監督さんと調整。

仕上げのサンプルなども準備いただくようお願いいたしました。

そして天井廻りでも、断熱材の充填を踏まえて天井下地が形成されつつ

あります。

2
写真では良く分かりませんが、通気口からの外光を室内に取り込むべく

下地形成の方法も現場で打合せいたしました。

大きな梁を見せつつ、モダンな空間となるように微調整をしながら

進んでおります。

向日市N邸リノベ | by muranishi | comments(0)
18.01.27 Saturday

木工事開始

土間コンクリートの養生期間を経まして、現場では大工さんの作業が

始められました。

躯体の立ち(水平・垂直)を確認しながら、まずは床組と間仕切り

位置の確認などが進められました。

1
そして本日は主に窓開口位置・高さの最終確認を行いまして、順次壁に開口

が開けられていく予定です。

開口が開けられることで、これまでよりも数倍明るく、そして風通しも良く

なる予定ですが、同時に外部からの視線も入ってくることとなりますので

目隠しとなる格子の位置も重要となって参ります。

その辺りも検討しつつ、今後の工事状況を確認したいと思います。

向日市N邸リノベ | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 2 PAGES |
建築中
NEW POST
向日市N邸リノベ
京都市I邸
京都市Hs邸
葛城市I邸
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED