空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中 > 姫路市K邸リノベ<竣工>

姫路市K邸リノベ<竣工>

竣工から約半年。お引越し後の片付けや家具類の設置も落ち着かれたとのことで

カメラマンと一緒に竣工写真の撮影にお邪魔いたしました。

1
黒革とウォールナットの木で構成された落ち着きあるソファが据えられたことで

空間がグッと重厚な感じになり、既存の柱梁の持つ重厚感とも相性の良い

仕上りになっておりました。

障子を開けたり閉めたりしながら、撮影カットを検討し、良い写真が撮れた

と思います。

撮影は日没まで続きまして

3
夜景の撮影も行いました。

実は本日、ドローンによる空撮も行なわれました。

どんな仕上りになるのかとても楽しみにしております。

そして朝から晩まで撮影にお付き合いくださいましたK様ご家族の皆様に感謝

申し上げます。

姫路市K邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)
17.07.13 Thursday

ほぼほぼ完成!

ほぼほぼ完成!ということで、メインどころを駆け足でご紹介いたします。

まずは外観。

1
どっしりとした構えは百年以上の歴史がなせる業。

外部は色と建具と照明を除いて、その原型を保っております。

最初に現地を見せて頂いた時から、この外観は死守したいと思っておりました。

そして玄関の扉を開けますと、玄関ホール。

6
昔から使われてきた建具をリメイクして奥に通じる内玄関との仕切りにして

玄関の顔としました。この建物を昔から知る建具が訪れる人々を出迎えて

くれるホールは、ご近所さんと座り話も出来る近所のしゃべり場となれば

嬉しいです。

そしてこの写真左手に広がるのが子世帯リビング。

2
今まで家族の方からあまり見られることのなかった立派な庭を、常に見れる

場所を家族の居場所としました。

そのため、縁側との仕切りの建具はいずれも透過性のある建具としています。

仏間も普段から使える場所とすることでご先祖様も喜んでくれると良いなと

思っています。

右手を向きますとTVボード。

3
間接照明で照らし出された天井が梁や天井板が浮かび上がって実は非常に

趣深いのですが、私のデジカメではそこまで広角に取ることが出来ず

それはプロのカメラマンの写真に譲ります。

この左手が仏間。

4
今回のリノベーションで唯一間取りに手を付けていない神聖な場所。

仕上げは新しくしましたが、築150年の核とも言える仏間は建築当時の様子

をそのまま活かしました。

お仏壇が入っている場所の襖は京唐紙にて貼替え。

5
白地に銀の唐草模様。

横(庭)からの光でその模様が控え目に浮かび上がります。

歴史ある空間に新たな歴史を刻んでくれることと思います。

そして最後は庭側からリビング側を見た景色。

7
軸組だけで建っている様子が良く分かります。

そんな空間にキッチンや据わっていたり、奥には坪庭が設けられていたり

どちらを向いても新旧が同居する不思議な落ち着きを見せる空間となりました。

坪庭の奥には2階棟が繋がっていたり、写真の右手には東棟が繋がっていたり

しますが、それはまたの機会にご紹介出来ればと思います。

というわけで、来週お引渡しです!

姫路市K邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)
17.07.06 Thursday

床塗装開始

床やキッチンの養生が外されまして、いよいよ床の塗装が開始されました。

まずは子世帯キッチンの様子を少し

1
黒い柱梁にもマッチした黒い木目調のアイランドキッチン。

左手にダイニング。右手にリビング。正面奥に仏間。といったレイアウトで

昔の典型的な田の字プランをそのまま利用しつつ、恐らく昔は囲炉裏が

あったであろう場所にアイランドキッチンを据えてみました。

そして仏間を除いた3つの空間を一体的に使えるようにすることで南庭から

の光を享受できる設えとしています。

そして親世帯のリビングでは床塗装が開始されまして。。

2
まだ塗りたてですのでテカリがありますが、徐々に艶がひいてマットな

仕上りとなる予定です。

こちらも南庭からの陽射しが良く入る明るい空間に仕上っております。

正面障子の裏が玄関ホールとなっておりまして。。

3
無垢一枚板のベンチを設えた玄関としております。

こちらのベンチや廊下の杉板はこれからの塗装となります。

といった感じで、残すは床塗装と外構工事のみとなって参りました!

姫路市K邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)

お引渡しまで一ケ月を切りまして、各所に照明器具も取り付けられ

はじめました。

建具も障子類が入りましたので、ほぼ完成に近い感じを確認できる

状態です。

というわけで、今回は照明がついた雰囲気を少しご紹介いたします。

まずは子世帯のダイニングから庭を見たところ

1
既存右手の仏間とは段差を設けておりまして、腰掛けられるようにしており

ます。目の前には既存の庭園が眺められるポジションとなっております。

そして仏間越しにリビングを見ますと。

3
TVボード裏のアッパー間接照明が ほの明るい雰囲気を演出してくれて

おります。奥に見える坪庭には棕櫚竹が植えられて、風情ある空間になり

つつあります。

そして玄関ホールの格子部分にもアッパーライトが設置されまして。。

2
訪れる人々を光と格子で温かく出迎えてくれます。因みに土間部分にも

洗い出しが施されました。

そしれ最後に二階棟の二階の雰囲気を少し。

4
棟部分に設けられたライン照明が主照明となる空間です。

夜にはヘッドボードに仕込んであるアッパーライトをつけると正面の壁に

施された凹凸ある仕上げが浮かび上がる予定。

といった感じで、仕上りまであと少しです。

 

姫路市K邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 8 PAGES |
建築中
NEW POST
京都市F邸リノベ
葛城市I邸<竣工>
京都市Hs邸<竣工>
京都市F邸リノベ
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED