空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE

草津市E邸

先週決定致しました塀の基礎部分となります化粧ブロックが

搬入されまして、順次施工が進められております。

花崗岩のような表情のブロック。この上には焼杉板塀が

施工されていきます。

道路側の外観の表情。平屋ですが、あまり平屋に見えない構成となって

おりまして、下屋と大屋根にてボリュームが分節されております。

さらにこの手前に焼杉板塀が施工されますので、和の趣がさらに加わって

参ります。

そして内部ではメイン空間となりますリビングの左官壁下地の

工事が進んでおります。

白っぽく見えております部分に左官の仕上げが成されて参ります。

これからの二週間で内装クロスや設備機器類の設置などが

施されて参りますので、変化に富んだ二週間となる予定です。

建築中 | by muranishi | comments(0)

道路からの外観の様子。

最終的には手前に塀と緑が施されますので、中が伺えない状態となりますが

現状でも道路側には大きな窓は設けず、プライバシー性の高い住宅と

なっております。

逆に道路から奥まった部分は大開口を設け、庭とのつながりを強く持った

空間構成としております。

大開口の奥には。。。

大きなボリュームのリビング空間が繋がっております。

天井も高く、広々とした空間がご家族の皆さまを包み込んでくれます。

大開口と庭との間には広いデッキスペースを設けることで

内外が一体的につながる空間構成としております。

そのデッキを深い軒が守るイメージ。

完成が待ち遠しいこの頃です。

建築中 | by muranishi | comments(0)
24.06.01 Saturday

足場がはずれました

足場が外され、外観が現れました。

軒の出が1.5mと通常の出幅よりもかなり深い軒としました。

目的はこの下に出来ますデッキに日陰をつくり、週末に遊びに

来られるお孫様達を優しく包むためです。

構成としましては、客間となります玄関ゾーンを一つの塊とし、それ以外を

大きな片流れの屋根で覆う計画としております。

出迎えるスペースと生活をおおらかに包み込むスペースという構成です。

屋根が最も低くなるスペースには書斎コーナーを設け、少し落ち着きのある

空間としております。

上部や背面に本棚を設け、収納量を確保することであまり物が外に出ない

暮らしを実現出来るようにしております。

建築中 | by muranishi | comments(0)
24.05.25 Saturday

内装仕上げのご提案

大工さんの工事もほぼ完了致しまして、本日は内装左官やクロス仕上げの

最終ご提案を行いました。

懐かしい新しさをイメージし、落ち着きと風合いのある空間テイストにて

まとめあげて参ります。

リビングの一角にはご家族の皆様から住まわれるお母様へ向けたプレゼント

が設えらえます。

完成形はもう少し先ですが、家族愛が溢れた空間になりそうです。

建築中 | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 4 PAGES |
建築中
NEW POST
京都市NY邸<竣工>
京都市NM邸リノベ
奈良市C邸
草津市E邸
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED