空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中 > 京都市F邸マンションリノベ

京都市F邸マンションリノベ

dav
既存の配管類を隠すために床の一部をかさ上げします。

写真はかさ上げの下地の様子。この上にボードを敷きまして、フローリングを施工して

参ります。

dav
そして間仕切りの下地も徐々に出来上がって参りまして、各部屋の大きさなどが

体感できる状態になりつつあります。

dav
既存の梁型廻りには羽目板を設置しまして、間接照明なども仕込んでいく予定。

少しづつではありますが、最終形態が垣間見え始めたところです。

京都市F邸マンションリノベ | by muranishi | comments(0)
18.12.28 Friday

外周ボード貼り完了

sdr
外周部分のボード貼りが完了し、いよいよ間仕切りなどが建てられる段階となりました。

dav
水廻り部分の配管工事なども進められ、そろそろシャワーブースが設置される予定です。

今年の工事はここまで。

残り二か月で仕上がりまで持って行けるように、各種仕上などを年明け早々に決定して

参りたいと思います。

京都市F邸マンションリノベ | by muranishi | comments(0)
18.12.21 Friday

ボード貼り開始

dav
外周部の軽鉄下地もほぼ完了しましたので、引き続き軽鉄の上にボード貼りの作業が

開始されております。

写真は午前中の様子。夕方にまた打合せのため現場に訪れますと。。

dav
すっかりボードが貼られておりました。

dav
まあ、まだまだ軽鉄下地が現れている場所はあるのですが、この調子で進んでくれればと

思っております。

本日はコンセントやスイッチの位置、造作キッチンの吊戸と梁型の取り合いなどをメインに

検討を進めまして、現場を後にしました。

次回は年内最後の現場定例です!

京都市F邸マンションリノベ | by muranishi | comments(0)
18.12.14 Friday

外周下地進行中

dav
解体工事が完了しまして、まずは外周廻りの軽鉄下地から工事が始まっております。

床に間仕切りの位置を示す墨出しも成され、おおよその空間イメージが可能となりました。

dav
問題は、この既存スラブ配管。

取り出し口が決まっておりますので、どの様に新規給水給湯場所へ持っていくのかが課題

でした。

が、本日お施主様とご相談の上、方向性が決定いたしました。

解決策は完成時までのおたのしみ。

dav
そしてもう一つ課題が。

直天井仕上げで考えていた部分に、これまた既存スラブから出ている電気配線がありまして

どのように隠すかが問題でした。

こちらも解決の方向性が決まりまして、大きな懸念事項はひとまずなくなりました。

リノベーションならではの課題がいくつかあるわけですが、それを乗り越えてこその

リノベーションでもあったりします。

京都市F邸マンションリノベ | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 2 PAGES |
建築中
NEW POST
京都市F邸リノベ
京都市F邸マンションリノベ
京都市F邸リノベ
京都市F邸マンションリノベ
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED