空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中 > 京都市G邸

京都市G邸

17.02.22 Wednesday

最後の追い込み

外壁廻りの工事で最後まで残っておりました格子の取付けが完了致しました。

1
写真左上の2階部分がソレです。

建具の吊り込みなども9割方完了しておりまして、写真左下のように玄関扉も

吊り込まれました。

そして格子を内側から見てみますとこんな感じ。。

3
上を透かしていまして、道路からの視線をカットしつつ内側からの視界を

確保する感じ。昔から用いられている手法ですが、機能的で良い感じです。

そして室内ではクロス工事も進められ。。

4
一気に部屋らしくなって参りました。

床の養生を外せば、もうれっきとした部屋の完成です。

造作家具のクリア塗装も施されております。

そして外構工事の様子は。。

2
隣地境界塀の基礎準備工事が進められております。

写真は和室からの様子。庭木などはこれからとなりますので、もう少し時間

が掛かりますが、最後の追い込み真っ只中です!

京都市G邸 | by muranishi | comments(0)
17.02.15 Wednesday

足場が解体されました

数日前の様子となりますが、いよいよ足場が解体される日を迎えました。

数か月掛けて造られてきた姿が全貌を表す瞬間の様子。。

2
平入りと妻入りを組み合わせた姿となっております。

2階には格子を付けていき、外構の塀もこれからの工事となりますので

完成形まではもう少し掛かりますが、足場が外れますと出来上がった感が

現実味を帯びてきます。

そして本日、玄関廻りではタイルの工事も進んでおりまして。。

1
写真では分かり難いですが200*400mmの味わいあるタイルが出迎えてくれ

ます。

さらに奥へ進みますと。。

3
玄関ホールも天井のクリア塗装が完了し、照明器具も取り付けられております。

現在は壁の仕上げ工事に向けて、下地処理が着々と進んでおります。

建物裏手でも足場シートがなくなりまして。。

4
庭となる部分が見えるようになりました。

本日は造園屋さんを交えて現地で庭の打合せ。そして外構屋さんと隣地境界塀

の打合せを進めました。

内部では建具の吊り込みも始まり、慌ただしくなって参りました~。

京都市G邸 | by muranishi | comments(0)
17.02.08 Wednesday

外壁仕上げ工事中

数日前から開始されました外壁吹付けの仕上げ工事も本日で完了を

迎える予定。

1
外壁色はアースカラーでまとめてみました。良い色に仕上がっております。

しばしの養生期間を経まして来週頭にはいよいよ足場が解体される予定です。

そして内部では家具や建具の工事が着々と進んでおります。

2
写真は寝室のカウンターと本棚の造作家具。

棚板や扉が取り付けられてクリア塗装が施されますと完成となります。

そして本日はいつもお願いしております姫路のキョーヒメさんにお越し

いただき、カーテン類のお打合せ。。

3
操作位置や生地の色などを決めまして、お引越しまでにはカーテン類も

取り付けられる予定となっております。

竣工まで残り一ケ月となりまして、気分ばかりが焦る状態ですが、決める

べきことはほぼ決めましたので、あとはジックリ監理するのみです!

京都市G邸 | by muranishi | comments(0)

2階に引き続きまして、1階のフローリング工事も進められております。

1
写真はアトリエのフローリング工事の様子。部屋の残り半分といったところでして、

この部屋が貼り終わればフローリング工事も全域完了となります。

そして外壁の方もモルタルの上塗り工事が完了しておりまして。。

2
本日は木部のクリア塗装工事が進められておりました。

明日はコーキング工事。そして来週初旬にはいよいよ仕上げの吹付け工事という

段取りで、外壁工事も山場を迎えます。

2階では家具工事が進みまして。。

3
収納内部の造作収納家具の設置が完了しております。

大工さんの工事もほぼ終わりを迎えつつあり、家具や建具や左官・塗装・クロスと

いった内装工事に移行しつつあります。

京都市G邸 | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 6 PAGES |
建築中
NEW POST
姫路市K邸リノベ
京都市G邸
名古屋市A邸
姫路市K邸リノベ
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED