空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE

枚方市KC邸

ご覧の通り、天井にタモの羽目板が施工されまして

グッと印象が変わりました。

木の持つ風合いが居心地の良い空間にしてくれそうです。

そして階段も設置され、空間のアクセントとしても

存在感を見せてくれております。

各所の天井ボードも施工が進められまして、最終形状が

見えつつあります。

建築中 | by muranishi | comments(0)
22.06.01 Wednesday

断熱材のチェックなど

断熱材の施工が進み、いよいよボードで蓋がされる段階と

なっております。

断熱材の重ね代や欠損部分の補強などに問題がないか

一通りチェックを致しました。

写真はお母様のお部屋。

既存の庭との繋がりを大切に、日当たりと風通しの良い

居住空間となる予定です。

そして本日は、先週に決めきれなかった内装につきまして

決定して参りました。

何処に佇んでも主張しすぎない空間でありながら、特徴の

ある内装に仕上がる予定です。

リビングに設置するエアコンの色も決定し、工事もいよいよ

最終コーナーに差し掛かりつつあります。

建築中 | by muranishi | comments(0)
22.05.25 Wednesday

仕上げを検討

玄関脇の格子が設置されておりました。

格子の材種やサイズ、ピッチにより、華奢な印象になったり

ごつい印象になったりしますので、その辺りは慎重に決めて

おります。

横桟の位置なども隣接する建具との関係を考えつつ

全体に野暮ったくならないバランスで整えていくことが

大切と考えております。

室内では天井下地の野縁が組まれ、空間のボリュームが

徐々にハッキリして参りました。

ここにボードを貼って、仕上げをしますと完成となります。

仕上色や質感の違いにより、同じ空間ボリュームでも

広さや落ち着き感の印象は左右されますので、仕上げは

重要です。

今回は、趣味で創られた陶芸作品や流木アート作品を

並べられることを考慮し、それら作品の邪魔にならない

主張しすぎず上品な色合いを選定致しました。

さて、どのように仕上がりますでしょうか。

どうぞお楽しみに。

建築中 | by muranishi | comments(0)
22.05.18 Wednesday

使われる材料の数々

今週は現場に色々な材料が大量に運び込まれておりました。

壁のプラスターボードや天井の断熱材など、所狭しと

置かれており、これらが全て使われることを想像しますと

家づくりは時間が掛かることが改めてお分かり頂けるかと

思います。

窓廻りや建具廻りに使われる枠材も大量にあります。

これらを現場で加工し、設置していくわけですね。

気が遠くなりそうな作業ですが、これら一つ一つに

機能やデザイン要素の意味合いが込められております。

同じ材料でも使い方や見せ方によって随分違った印象に

なりますので、私たち設計者は空間のキャラクターに

よって、加工の仕方を変えております。

建築中 | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 4 PAGES |
建築中
NEW POST
京都市TT邸リノベーション
京都市KK邸
枚方市KC邸
京都市TT邸リノベーション
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED