空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中 > 大阪市T邸

大阪市T邸

dav
少し分かり難いですが、外壁の吹付け塗装が完了いたしました。

土色の落着きある風情を醸し出しております。

上手くいけば来週には足場が解体される予定です。

dav
玄関土間の天井には先週スタンバイしておりました代萩べニアがキレイに

貼られておりまして、赤松の皮付き丸太(化粧柱)とも相性の良い感じで

仕上がっております。

dav
そしてトイレの天井は杉の網代が施工されておりました。

各所天井の化粧が施されており、空間に表情と深みが出てきたように

思います。

sdr
2階の廊下にも格子が施され、表情が豊かになって参りました。

dav
格子越しに見える内部の風景も奥行が増したように感じます。

といった感じで仕上げ工事が徐々に進められております。

大阪市T邸 | by muranishi | comments(0)
19.06.27 Thursday

植栽の選定に

dav
本日はお施主様に京都までお越し頂きまして、造園のための植栽を選定

頂きました。

当初枝垂れ紅葉を予定しておりましたが、数が少なかったため今回は

イロハモミジといたしました。

dav
庭石や沓脱石なども現物を確認しました。

これらがリビングから見える庭に配置されて参ります。

落ち着いた庭になりそうです。

大阪市T邸 | by muranishi | comments(0)

dav
少し分かり難いですが、玄関式台に手摺を取り付けている様子です。

手摺となりますのは北山杉の丸太。手摺にも使える太さのものを選定いたしまして

階段の手摺にも用いる予定です。

dav
今回の式台は桜の一枚板。フローリングがブラックチェリーですので

材質を統一してみました。

dav
玄関の下足収納兼飾り棚廻りの施工も着々と進められております。

左官塗り壁が施されますと、グッと和の雰囲気になる予定。

sdr
天井にはご覧の代萩べニアを設える予定です。

2階ではハーフユニットバスの壁パネルが施工中でした。。

sdr
パネルは桧柄。

dav
近づいて見るとこのような感じ。

本物の桧を用いる場合もありますが、今回はメンテナス重視ということで

和の雰囲気を味わいつつ、手入れが少なくて済むを選定いたしました。

徐々にではありますが、完成形へと向かっております。

 

大阪市T邸 | by muranishi | comments(0)
19.06.13 Thursday

天井羽目板が進行中

sdr
天井に桜の羽目板が貼られました。徐々に空間の味わいが変わりつつあります。

スリット状に設けられた場所には照明が入ります。

dav
天窓からの光も2階の格子状の廊下越しに1階へと降り注ぎます。

部屋の中に出来る限り自然光を取り込むための工夫です。

dav
玄関には下足収納カウンター脇に赤松の皮付き丸太も据えられまして

グッと和の趣が増しつつあります。

dav
先週確認しておりました足元の束石もご覧のように納まりました。

ここから土間仕上がりが15cm程上がりますので、束石も半分程が隠れる予定です。

大工さんの工事もある程度目途がたって参りました。

そろそろ仕上げ工事の色決めなどを段取りして参りたいと思います。

 

大阪市T邸 | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 5 PAGES |
建築中
NEW POST
京都市Y邸リノベ
大阪市T邸
京都市Y邸リノベ
京都市F邸リノベ<竣工>
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED