空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中

建築中

18.11.05 Monday

構造補強など進行中

mde
間取りの変更に伴いまして、今回は柱の移動なども行います。

その影響で既存の梁を新しく受け直す必要もある関係で、写真のように背の高い梁で

既存の梁を受けるなどの構造補強が進んでおります。

写真の梁は天井裏に隠れるのですが、一部見えてくる梁もございます。

その梁は化粧梁とし、節の少ないものを設置致します。

dav
こちらが化粧梁。

松材となりますが、杢目も細かくてキレイですね。

sdr
外部の足場も立てられまして、軒天の下地工事も進んでおります。

ケイカル板だった軒天ですが、今回は杉板に更新することで和の趣を増していく

予定です。

dav
そして先週に引き続き床下の断熱工事が進められておりますが、断熱材が入った所から

順次床板の合板も設置されていっております。

 

京都市F邸リノベ | by muranishi | comments(0)
18.10.29 Monday

断熱材の施工開始

dav
現場内にドンっと置かれた白い塊。

これらは床下にこれから設置していく断熱材でして、厚みが100mmあります。

これまでは断熱材が入っていなかったようですので、これが入るだけでも随分熱環境は

良くなります。

sdr
新たな土台の設置や床暖房用の配管工事なども進み、本日よりLDK部分の断熱材の施工が

始まりました。

dav
もうなんだか床暖房の先行配管(緑の管)が凄いことになっています。

これを見るだけでも、冬場は暖かさが確保できることが想像できます。

ここが大元となって、必要な各居室へと分配されて参ります。

sdr
外部ではサッシの入れ替え・解体・外壁仕上などに備えて、足場の設置も始まりました。

dav
内部では、断熱や設備工事と並行して今回新たに設置された梁や柱などもチラホラと見られる

ようになり、着実に前進している感じです。

ちなみに写真の奥に見えている黄色い包は壁や天井裏に設置する断熱材達。

まずは構造躯体の安全性と断熱など熱環境の整備から抜かりなく進んでおります。

京都市F邸リノベ | by muranishi | comments(0)

dav
一部土の状態だった土間にもコンクリートが打設され、基礎廻りの工事が進んでおります。

dav
設備配管工事も進められ、本日はメインとなります木工事の納まりについて大工さんを交えて

打合せ。そして電気屋さんとも照明やコンセントの件で現地と図面を照合しつつ打合せを

重ねました。

sdr
化粧梁の材料については只今仕様を検討中につき、まだ現場には搬入されておりませんが

構造補強となる梁材なども搬入され、少しづつではありますが前進しております。

dav
そしてサッシの入れ替えに伴い、カラーサンプルにて既存の外壁の色と見比べつつ

どの色にすべきかの検討も進めております。

さらに、茶室の天井板も現物を確認するべく、銘木屋さんに伺いました。

dav
中杢でやさしい色目の杉板があり、茶室の雰囲気には合いそうです。

こちらもまだ決定ではありませんが、お施主様と検討を重ねたいと思います。

 

京都市F邸リノベ | by muranishi | comments(0)
18.10.21 Sunday

竣工写真の撮影

sdr
竣工から約4か月。お引越しも落ち着かれた段階で本日、竣工写真の撮影にお伺い致しました。

撮影はいつものように、スペースクリップの岡田さん。

天気は快晴。まさに秋晴れ。

陽の当たり方を見て、次々と写真が撮られていきます。

sdr
sdr
内部にも家具が入り、生活のイメージがしやすい写真を撮ることができました。

dav
dav
手斧仕上の床にも太陽光が当たり、美しい陰影が浮かび上がっております。

撮影はお施主様のI様ご家族のご協力のお陰で終始順調に進みまして

一旦休憩を挟んで、夜景の撮影もさせて頂きました。

dav
mde
快晴の空に月も浮かび、無事撮影終了。

また写真が完成しましたらHPにアップさせて頂きますので、どうぞ皆さまお楽しみに!

 

建築中 | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 274 PAGES |
建築中
NEW POST
京都市F邸リノベ
京都市F邸リノベ
京都市F邸リノベ
葛城市I邸<竣工>
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED