空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中

建築中

今まで納屋として使用されておりましたので、開口は殆どない空間

でしたが、この一週間で外壁に開口が開けられたり、既存の開口を

大きくしたりという作業が行われました。

1
開口が開けられたことで、子供部屋へと変貌を遂げる空間は明るく風通しの

良い場所へとなりつつあります。

3
道路に面する開口の外側には格子がつきますので、もう少し外部からの視線

を緩やかに遮断することとなりますが、以前より格段に開放感があがって

おります。

サッシは全てペアガラスですので、温熱環境にも配慮しつつ明るさを確保

する形となっております。

天井にも断熱材が敷設され。。

2
プラスターボードの施工も進んでおります。

この建物を支え続けてきた柱や梁を一部見せつつ、新しい仕上げが施される

空間が出来上がりつつあります。

 

向日市N邸リノベ | by muranishi | comments(0)

寒さも少しだけ和らぎまして、外壁のモルタル左官下塗りの施工が進められて

おります。

1
上半分がメタルラスが見えている状態で、下半分がモルタルが塗られている

状態。工程が良く分かりますね。

そして内部では化粧天井板として羽目板やヨシベニア、代萩べニアなどを

貼っていくのですが、その割付を検討いたしました。

2
貼る方向や継ぎ目の位置などが美しく見えるように検討を重ねまして

方向性を決定。

他の部屋でも天井プラスターボードの下地が形成されております。

3
現場では照明器具の位置なども天井羽目板の割付から逆算し、決定しており

ます。

といった感じで内外共に下地工事が絶賛施工中となっております。

京都市I邸 | by muranishi | comments(0)

現場監督より基礎が完成しましたとの連絡・写真を頂戴しており

ましたが、実際に確認すべく現場を訪れました。

1
仮囲いも整然と設置され、スッキリとした現場状態はやはり気持ち良いですね。

肝心のコンクリートの状態は。。

2
ジャンカと呼ばれる空洞やコンクリートの欠損などもなく、非常にキレイに

仕上がっております。

これから施工されます土台との緊結金物類もしっかりと施工されており

来週末の上棟を待つばかりです。

建ちあがると結構なボリュームとなりそうですが、これから空間化される

のが非常に愉しみです。

京都市Hs邸 | by muranishi | comments(0)
18.02.13 Tuesday

化粧柱の確認に

土間のコンクリートが完了し、本日は立上り部分の型枠建込作業が進められて

おりました。

一発仕上げとなります駐車場土間の様子を確認。。

3
写真では分かり難いですが、刷毛引きにてキレイに仕上げられております。

立ち上がり型枠もほぼ完成しておりますので、部屋の間取り・距離感が

よく分かる状態となっております。

1
写真は主寝室と庭との取り合いを見たところ。

陽射しも入って明るい空間となりそうです。

そして本日の主目的は化粧柱の確認。現場近くの製材所に現物が入ったとの

ことで現物と対面して参りました。

2
写真中央に映っているのが、リビングの中央に鎮座する予定の8寸柱。

これを八角に加工して据えられるのですが、赤味でキレイな杢目を有する

奈良県産の杉材となっております。仕上がりが楽しみです。

そして右側の数本は玄関やリビング、駐車場などに配される吉野杉達。

いずれもほぼ節がなく、思っていた以上に良い材料を揃えて頂きました。

左手には床柱。これは桧。製材所のHさんや現場監督のWさんの目利きを

参考にさせていただき、2本ご用意頂いたうちの一本を選定いたしました。

今月末上棟に向けて、これらの材料が大工さんやプレカット業者さんの手に

より加工されます。

 

建築中 | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 251 PAGES |
建築中
NEW POST
向日市N邸リノベ
京都市I邸
京都市Hs邸
葛城市I邸
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED