空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中 > 京都市F邸

京都市F邸

dav
外部廻りの防水措置まで完了しましたので、内部では天井下地組の工事が進められております。

sdr
応接室となる天井は高さが4mとなります。窓の高さなども再度検討中です。

dav
ロフトには天窓も設置されまして、結構広々とした空間となっております。

こちらも梁を見せるか隠すかなどを最終検討中。

sdr
外部大屋根の軒天杉板工事も完了し、只今屋根では瓦葺きの作業が進められております。

dav
まずは割付の作業から開始されております。

といった感じで内部も外部も少しづつ進んでおります。

京都市F邸 | by muranishi | comments(0)
19.12.27 Friday

年内最後の現場確認

dav
軒廻りの工事が進められております。

写真は来客用玄関庇の軒裏。化粧垂木と化粧板にて構成されております。

柱は仮の柱にて支えておりますが、実際には節のない化粧柱が据えられます。

dav
和室の縁側前の軒天工事もキレイに仕上げられております。

軒の出は900mm。高さも程よい感じに納まっております。

dav
道路側の下屋も納まりを確認しまして、年明けから軒天の施工が開始されます。

深くて低い軒の出が形成される予定です。

dav
各所では樹脂サッシの設置が進められ、雨仕舞いも出来つつあります。

といった感じで年内最後の現場確認が終了致しました。

また年明けからの工事進捗が楽しみです。

京都市F邸 | by muranishi | comments(0)

sdr
確認検査機構によります、中間検査の様子。

写真は柱頭柱脚金物が構造図通りに設置されているかどうかを確認されているところ。

結構な箇所数ございますが、一か所づつ丁寧に確認いただきました。

今回は面積が大きいため、1階と2階の二班に分かれてのチェックでした。

sdr
そんな検査と並行しまして、現場では軒先の「鼻隠し」と呼ばれる部材の設置や

軒天の下地工事が進められておりました。

sdr
検査は無事に合格しまして、屋根の防水シートの重ね代が規定通りに施工されているかどうか

など、個人的に気になる箇所を一通りチェックいたしました。

sdr
まだまだ始まったばかりですが、構造や防水など建物の寿命に重要な意味を持つ工事が

続きます。

京都市F邸 | by muranishi | comments(0)

dav
ある程度雨仕舞なども出来まして、本日は上棟式を執り行いました。

F様、誠におめでとうございます!

sdr
屋根も下地まで完成し、ロフトは夕日に染まっております。

dav
祭壇に向かってお参りをしたり、建物の四隅を清めたりと、これまでの作業が安全に行われた

ことに感謝しつつ、この建物がF様ご家族を末永く見守って貰いますよう祈りを捧げました。

そして参列者全員で直会。

dav
今回は建物規模が大きいため、関わる職人さんたちも大勢居られます。

これからの工事も安全に行われますことと参列者の皆さまの弥栄を祈念致しまして

お開きとなりました。

いよいよ工事も本格化して参ります!

 

京都市F邸 | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 6 PAGES |
建築中
NEW POST
枚方市N邸
交野市I邸
京都市I邸
京都市F邸
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED