空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中 > 生駒市T邸リノベ

生駒市T邸リノベ

19.03.23 Saturday

木工事がほぼ完成

dav
玄関のオープン棚が設置され、いよいよ木工事も終わりを迎えつつあります。

dav
この住宅には猫ちゃんも一緒に暮らす予定でして、所々に猫用の仕掛けが

設えてあります。

例えば上の写真はリビングから階段の窓への抜け道。

dav
例えば猫用のステップと猫用ハンモック掛けの棒などもございます。

sdr
外部では駐車スペースを作るべく、既存土の掘削や整地作業が進められ

お引渡しまで残り一ヶ月を切り、ここから怒涛の仕上げ工事が始まろうと

しております。

建築中 | by muranishi | comments(0)
19.03.09 Saturday

仕上げを決定

dav
外部足場の解体が終わりまして、眼前の景色がパッと広がりました。

目の前には公園。公園には桜。春には借景でお花見が楽しめるロケーションです。

dav
キッチン前の腰壁の段取りも進められ、キッチン据え付けの準備も整いつつあります。

天井や壁のプラスターボード貼りも残すところわずかとなりまして、本日は仕上げの

クロスやクッションフロアなどを最終決定すべく、T様ご夫妻にサンプルをご確認

いただきました。

dav
9割方はスムーズに決まりましたが、唯一トイレだけはご提案に難色を示されました。

理由は「ファンシー過ぎるから」。とご主人より。

急遽、壁の色を少しトーンを変えまして、無事全てが決定いたしました。

さて、どのようなトイレに出来上がりますか、どうぞお楽しみに!

建築中 | by muranishi | comments(0)
19.03.02 Saturday

仕上一歩手前

dav
開口部廻りの様子。

今回は軽量鉄骨造+外壁サイディング仕上げの住宅リノベーションですので、木造の納まり

とは少し異なっております。

写真は新しく入れ替えたサッシ廻りを防水処理した上でサイディングボードにて窓枠っぽく

カバーした状態の様子です。

かなり特徴的な開口廻りの仕上がりとなる予定です。

敢えて色を変えるという選択肢もあるのですが、そこは既存壁色に合わせるという選択を

いたしました。陰影で奥行感をつけるイメージとなります。

dav
外壁も塗り替えるという選択を敢えてせず、外観はあるがままの姿とすることで

刷新した内観とのギャップを大きくすることを目指しております。

そんな中でも軒天のジョイント部分は浮きが目立っておりましたので、その部分のみ

コーキング処理を施しております。

dav
内部は造作家具類と絡む部分の壁下地は残されておりますが、床のフローリングや天井の

プラスターボードは貼られている状態。上は2階の写真。

dav
そして1階でも同じようにフローリングや天井プラスターボードの下地までが完了して

おります。

次回は仕上の色決めを行なって参りたいと思います。

 

建築中 | by muranishi | comments(0)
19.02.16 Saturday

内装下地工事が進行中

sdr
ご覧の通り、階段の設置が完了しまして、上り下りが随分と楽になりました。

2才となるお子さまも自分の足で上り下りできる状態となりました。

写真は側面からの様子。

sdr
2階では床の杉フローリングも貼られて養生されている状態。

天井も下地のプラスターボードまでほぼ完了。壁の断熱材も充填され、着々と進んで

いる様子です。

dav
天井には照明を仕込むためのBOXも造作されております。

dav
1階の様子はこのような感じ。断熱材の充填が終わりまして、床のフローリングへと

移っていく段階です。

次回は仕上のクロスなどのご提案を行う予定。

仕上工事が近づいております!

建築中 | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 3 PAGES |
建築中
NEW POST
生駒市T邸リノベ
京都市F邸リノベ
大阪市T邸
京都市F邸リノベ
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED