空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE

京都市Mh邸<竣工>

21.12.26 Sunday

旅立ちの日に

2018年12月9日にファーストプレゼンをしてから約3年。

本日、無事お引渡しの朝を迎えることが出来ました。

Mh様、誠におめでとうございます!

途中、土地関係で紆余曲折あり、1年程のインターバルを

経たこともあって、思いのほか長くかかってしまいましたが

その間に、プランの検討も進み、今ではインターバルが功を

奏したと感じております。

実施見積りの際にはコロナなどの関係も出始め、面積縮小など

大幅な修正も余儀なくされましたが、それすらも無駄を削ぎ落す

ための有意義な時間だったと思えます。

一週間毎の定例には親子で参加して下さり、この住宅への

想いが良く伝わって参りました。

これまでの積み重ねのすべてが、ここに結実したものと

嬉しく思います。

本日はお引渡し。そして各種機器の使用説明が成されまして

その間にも続々と大型家電が運び込まれ、着々と生活基盤が

形成されて行く様子に、Mh様の息吹が吹き込まれていくのを

感じた次第です。

2世帯住宅の距離感をどのように取るのかは、常に意味深い

作業だと感じますが、それぞれのご家族にそれぞれの最適解が

あるものと考えております。

これからいよいよ新しい生活がスタートする中で、色々と

至らない箇所もあるかと思いますが、Mh様ご家族が快適で

心地よい生活を過ごされますことを、願っております。

私たちからの竣工御祝としまして、苔玉の植物を

贈らせて頂きました。

この住宅と共に、成長の歩みを一歩一歩積み上げて行きますように。

そして大きく成長してくれますように。という想いを込めまして。

それではMh様、これからも末永いお付き合いの程

よろしくお願い申し上げます!

京都市Mh邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
21.12.18 Saturday

和の落ち着いた佇まい

来週にお引渡しを控えまして、無事完成形を迎えることが

出来ました。

建具にはガラスも入り、和の落ち着いた佇まいに仕上がって

おります。

敷地の長さを活かし、感じることが出来る空間構成。

各居室は建具で仕切られ、建具を開放するとどんどん

空間がつながっていくようになっており、行き止まり感が

ない空間となっております。

リビングと庭も大開口で繋がっており、開放感を演出

しております。

各収納も充実させることで、出来る限り居住空間に余計な

ものが出て来ないようにMh様と打合せを重ねて参りました。

いよいよ来週、お引渡しを迎えます。

京都市Mh邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
21.12.11 Saturday

外構工事も着々と

完成まで残り2週間に迫って参りまして、本日は大物造作家具が

設置されました。

写真はTVカウンター。背面はキッチン側からの食器・家電棚と

なっております。

この家具が丁度キッチンの目隠しも兼ねております。

内部も残すところあと僅かとなって参りました。

外部では庭の焼杉板塀の施工が順調に進められております。

あとは庭の紅葉が植えられますと、ほぼ完成といった所まで

やって来ました。

京都市Mh邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
21.12.09 Thursday

完了検査合格

本日は確認検査機構によります完了検査を受けまして

無事合格いたしました。

住宅用火災警報器の設置や開口部が防火設備となっているか

どうかの確認などが行われました。

完了検査が夕方遅めとなりましたので、丁度夜の照明の

様子も確認することが出来ました。

格子越しの光が温もりを感じさせてくれております。

京都市Mh邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 8 PAGES |
建築中
NEW POST
京都市KR邸
生駒市M邸リノベ
京都市KR邸
京都市OM邸
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED