空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE

建築中

23.04.28 Friday

完成まであと少し

外観の様子を少し。

焼杉板と杉の軒天、そして左官の出窓で構成される外観。

ここから格子や植栽などが施工されて完成となります。

格子が設置されますとまた雰囲気が変わる予定。

内部では吹抜けの手摺工事が進行中。

ここから横桟が設置されたり、照明や建具が設置されますと

いよいよ完成を迎えます。

京都市NY邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
23.04.27 Thursday

外構工事など

外観の雰囲気を整える外構工事が進行中です。

袖壁を設け、街並みの連続性を維持できるようにして

おります。

仕上げはタイルとする予定。

内部では電気工事や建具工事などが進められております。

写真はミウラ照明の照明器具。

京都では有名な照明器具屋さんがつくった照明です。

和の雰囲気を一層盛り立ててくれております。

京都市OM邸<竣工> | by muranishi | comments(0)

お出会いしてから約4年。

最初は築100年を超える大型京町家の建て替えのご相談からでした。

建て替えて新築、改修して用途変更等。京町家の維持か、建て替えて生活を

優先すべきか あらゆる可能性を探りながらの4年でした。

水廻りの使いにくさ(狭い・寒い・暗い)の改善を筆頭に、これからの

維持管理はたまた世代交代への対応をどうするか、といった様々な問題

を抱えつつ、どれがベスト解なのかが誰も分からない状況でした。

京都市の景観重要建造物に登録されていたため、壊すに壊せない状況

であることも分かり、京都市の担当者の方々と膝を突き合わせての

協議が続く期間もありました。

残し方をめぐり、対立関係になってしまった時期もありました。

そしてYD様が下された決断は、普段の生活が快適に暮らせるように

部分改修を行い、京町家本体は残す。というものでした。

苦渋の決断だったと思いますと共に、幼少期から過ごされてきた空間が

残ることに対して一種の安堵もあったかもしれません。

京町家は外部から見れば味わい深く、歴史を感じる良い建物であることは

間違いありません。私も残せるものなら残したいと思っております。

しかし、それはあくまでそこで生活される方々の快適性を担保した上で。

という条件付きでの想いです。

今回の方策がベストだったのかどうかは誰にも分かりません。

ただ、YD様ご家族が改修された場所をご覧になられて笑顔であったことが

今回のプロジェクトに携わった者の一人として、救われた想いです。

これからまた数十年、街並みの核となりつつ、YD様ご家族が快適に

暮らせることを祈っております。

YD様、これからも末永くよろしくお願い申し上げます。

京都市YD邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)
23.04.26 Wednesday

左官工事完成

ご覧の通り、真っ白な漆喰壁にて仕上げが完成しております。

床と壁は杉板。壁は漆喰。というシンプルな構成。

ハーフユニットバスの壁はヒノキにて構成されております。

木と漆喰に囲まれた住空間となります。

京都市NY邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 4 PAGES |
建築中
NEW POST
草津市E邸
京都市MG邸リノベ<竣工>
草津市E邸
草津市E邸
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED