空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中 > 向日市N邸リノベ<竣工>

向日市N邸リノベ<竣工>

18.04.05 Thursday

階段取付け作業中

外壁の漆喰塗りが進んでおりまして、既存の壁の色と同じ色で

キレイに塗り進められております。色は新たに作って頂いたのですが

既存壁と見分けがつかない程の見事な調合で、大変良い感じです。

2
内部では下屋部分の天井が桜の羽目板にて化粧が整いました。

1
そして現在、大工さんは階段の取付け工事と格闘中。

3
既存丸太梁との取り合い部分が曲面なので、随分苦労されてます。

次回には階段も出来、クロスの工事が始まっている予定ですので

この一週間が仕上げ工事の山場となります。

仕上りが楽しみです。

向日市N邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)
18.03.24 Saturday

外壁の下塗りなど

今回は既存の土壁を活かしつつ、漆喰仕上げの外壁を形成していきます。

1
長年陽の目を見なかった外壁部分ですが、今回は一躍メインの顔となります

ので、出来上がりが楽しみです。

そして内部では、いよいよロフトの階段がつけられる段となりました。

2
ロフトですので梯子でも良いのですが、上り下りのし易さを重視して今回は

階段となりました。

きっと次回はロフトからの写真をお見せできることと思います。

向日市N邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)
18.03.17 Saturday

天窓の光

本日は晴れ。

ということで、前回曇り空で確認できなかった天窓からの光の入り方を

確認することができました。

1
天窓の効用は、壁につく窓よりも同じ面積でも明るさを強く感じられること。

そして光が広く拡散されること。

はたまた、内部への光の落ち方が面白いこと。

2
普通の窓では太陽光が当たるはずのない所へ光が届けられ、直接光を見て

明るさを感じることに加えて、壁面や床面に当たった光を見て明るさを

感じることが出来ます。

3
そして、こんな神々しい光を捉えることもできます。たまたまですが・・。

といった感じて天井廻りや壁廻りのボードも貼られ、段々と納屋から部屋へと

変貌を遂げつつあります。

向日市N邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)
18.03.08 Thursday

仕上げの色決めなど

リノベーションと並行しまして、母屋廻りの一寸した修繕工事も行われて

おります。

例えば庭への門塀屋根の修繕としまして、野地板が杉の化粧板に貼替え

られております。

1
既存の梁や垂木に馴染むには時間が掛かるとは思いますが、このように手入れ

をしていけば、壊して一からつくることなく次の世代へと繋いでいけるのは

木造の良さの一つだと思います。

そして納屋を子供部屋へと改修するメインの工事では、いよいよフローリング

が貼られ始めました。

3
廻りの間仕切り壁下地なども仕上がってきておりまして、本日は最終仕上げの

色決めを実際のサンプルを見ながら決めて参りました。

4
末永く使っていただくため、極力特異な色などは使わず、飽きの来ない色目

ベースでご提案いたしました。

今回は昔ながらの和の雰囲気を刷新したいとのご要望から、洋よりの樹種を

模したクロスと白の組合せをベースとしまして、ナチュラルトーンの明るい

空間を目指して参ります。

天井に天窓が付いたとのことで、明るさの確認が出来ると楽しみでいたのですが

生憎の天気で確認は次回に。

2
写真上部の青い部分が天窓となります。

次回こそは明るさを確認したいと思います。

向日市N邸リノベ<竣工> | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 2 / 4 PAGES |
NEXT »
建築中
NEW POST
京都市I邸
枚方市N邸リノベ
枚方市N邸リノベ
京都市I邸
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED