空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE 建築中

建築中

17.06.10 Saturday

各種器具付けが完了

竣工まで残り二週間。ということで各種照明器具や設備機器などの取付けが

完了しておりました。

例えば二階の主寝室の照明はこんな感じ。。

1
間接めいた照明のみとなっております。

夜の雰囲気をまだ見れておりませんが、お引渡し前に一度確認したいと思って

おります。天井に照明器具があまり無いというのもスッキリしています。

そしてお風呂のシャワーも設置されまして。。

2
桧の羽目板に少し大型のレインシャワーヘッドが特徴的な浴室空間となって

おります。天然木ですのでお手入れは必要ですが、やはり温もりがあって

良い香りがします。

そして外部でもちょっとした手洗器が取付けられまして。。

4
昔の小学校的なレトロな雰囲気の手洗器にしてみました。モノトーンの配色

でシンプルな印象となっております。

そしてデッキ工事もほぼ完了しておりまして。。

3
手前の少し切り欠いた部分には目隠しの植栽が植わる予定。

来週末には完了検査。最来週末にはお引渡し。というスケジュールであとは

内部の木製建具が吊り込まれ、外構が完了するのを待つばかり。

完成がたのしみです。

名古屋市A邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
17.06.08 Thursday

格子三昧

仕上げ工事の段階に入りまして、各所に散りばめられる格子の数々も

姿を見せ始めました。

本日はそんな格子の様子を少しご紹介いたします。

まずは玄関ホールと子世帯LDKを仕切る曲面を有する格子から。

1
写真は仏間からダイニング越しに格子を見た様子。曲面により柔らかな表情

を持った格子壁が形成されています。

そして次に2階棟の床に設けられた格子。

2
天窓からの自然光が格子を通して1階にまで舞い降りて来ます。

左半部は書斎の天井。右半分はホール(図書ギャラリー)の天井となります。

それらの空間を区切る壁も格子となる予定です。

そして最後に防犯を兼ねた面格子の様子。

3
焼杉板の外壁に杉の格子が美しく据え付けられております。

これからも建具に格子戸などが入りますので、これでもか と言った感じで

格子が現れる予定ですが、その格子によって空間が徐々に整えられていく

予定でもあります。

まさに格子三昧ですが、完成形をどうぞお楽しみに!

姫路市K邸リノベ | by muranishi | comments(0)

先週作業中だった左官壁工事も無事仕上りました。

内部は良い色に落ち着きを見せております。

1
あとは建具を吊り込んで、床の養生を外せば完成という段階までやってきました。

床の仕上りが非常に気になるところですが、それは最後のお楽しみ。

で、大工さんは外に移動しまして、外部のデッキ工事を進められております。

3
8mの間口一杯で奥行は3m。結構、いやかなり広めのデッキですので

少し時間が掛かりそうです。

このデッキが終わりますと、2階のデッキと外構の焼杉板塀の工事が待って

おりますが、それで大工さんの工事は全て完了。

杉板の前に既存の手水鉢などが造園屋さんの手で据えられておりまして・・

2
この左手に焼杉板塀。手水鉢の置くに黒竹が数本植わって完成予定です。

工事も残すところあと3週間。大詰めも大詰めです!

名古屋市A邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
17.06.01 Thursday

クロス工事進行中

玄関ホールに建ち並ぶ曲面の格子。人々をお出迎えする空間の設えとして

少し特別な空間となります。

1
そんな格子が現在絶賛施工中~!

窓に付ける格子も奥の方で進行中だったりします。

そして内装ではクロス工事が始まりました。

2
書斎の壁は黒かったり。。

3
2階棟天井は赤かったり。。

としておりますが、子供室は普通に白かったりもします。

5
色んな場所で色んなシーンに出会える家です。

そして外壁では黒い塗装も進んでおりまして。。

4
黒と白のバランスがなかなか良い感じです!

 

姫路市K邸リノベ | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 2 / 242 PAGES |
NEXT »
建築中
NEW POST
名古屋市A邸<竣工>
姫路市K邸リノベ
名古屋市A邸<竣工>
姫路市K邸リノベ
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED