空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE

姫路市T邸<竣工>

姫路市T邸完成見学会

完成を迎えまして、お施主様のご厚意によりまして、完成見学会を行ないました。

家創りを考えてらっしゃる方、工事中の方、いろいろな家を見るのが好きな方、

同業者の方、などなどいろいろな方々にお越し下さいましたこと、この場を借りまして

御礼申し上げます。

当日はバタバタとしておりましたので、全ての方とお話しすることが叶いませんでしたが

貴重なご意見やご感想をお伺いすることが出来まして、嬉しかったです。

会の終わりにはお施主様ご家族にもお越しいただけまして、結構それが一番嬉しかったり

もしました。

さて、お引渡しまで残り4日です。抜かりはない。と思います。

姫路市T邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
12.05.31 Thursday

99.999%完成

姫路市T邸外観

残っておりました格子やフェンスなども設置されまして、もう今日・明日にて完成!!

いたします。振り返りますと、Tさまにお出会いしてからココまで約1年と6ヶ月という

月日が積み重なっておりました。

1年半前には、なーんにもなかったこの土地に、今では写真のように確かに「家」が

出来上がっております。職人さんはじめ、現場監督さん、プロデュース会社の皆様、

そして勿論、お施主様のTさまのお力によりまして、無事ここまで漕ぎ着けることが

できましたことに、心より感謝申し上げます。

そして単純に、人間の力って凄いなぁ~とつくづく思っております。

因みに上の写真のカットは、着工初期の段階や途中段階でも何度か登場している

カットです。なので、前の方の掲載内容をご覧いただくと、出来上がっていく感が

わかっていただけるかもしれません。

姫路市T邸アプローチ

そして上の写真は道路からのアプローチを見たところ。前回の投稿記事にてご紹介

させていただきました部分ですが、ご覧のように出来上がりました。

ながーいアプローチに見えますが、実際もながーいアプローチです。

温もりのある感じに仕上がっております。自画自賛です。。

そして最後に、前々回にご紹介いたしました「石庭」の様子を少し。

こちらもキレイに仕上がりました。

姫路市T邸石庭

さて、残すは完成見学会と竣工写真の撮影。それらが終わりますと、いよいよお引渡し

の時を迎えます。Tさま。大変お待たせいたしました。残り0.001%で完成です!

姫路市T邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
12.05.23 Wednesday

外構工事もろもろ

姫路市T邸土間工事

なにやら職人さんが、デカいブラシを持って工事に勤しんでおります。

グランドを整備するようなブラシにも見えますが、実はコンクリートの土間を「刷毛引き」

という仕上げで仕上げるための道具です。写真は駐車場前の土間を市松模様の

刷毛引きに仕上げて行っている最中のもの。少し表情のある土間に仕上がる予定です。

姫路市T邸アプローチ工事

そしてアプローチとなります部分を見てみますと、こちらも材料がワンサカと置かれて

おります。コチラの床仕上げは透水性のインターロッキング。主に人専用の通路と

なります。下地の砂利が転圧されまして、仕上げ段階を待っております。

右側側面は荒壁風仕上げとなる予定のコンクリート下地。コチラも左官下地が出来

上がり、仕上げを待っている段階です。

この壁の前には木賊(とくさ)や竜のヒゲなどの植栽が施される予定。少し和のテイ

ストも入った落ち着きと趣のあるアプローチに仕上がる予定です。

そして奥の方に見えますのが、建物本体。メインエントランスが出迎えてくれます。

完成までまさに秒読み段階となって参りました!

残り2週間で全てが完成いたします!完成形をどうぞおたのしみに!!

姫路市T邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
12.05.17 Thursday

完了検査と庭と家具

姫路市T邸完了検査

外構の工事は未だ進行中です。が、建物本体の工事は完了しております。という訳で

確認検査機関によります完了検査を受けました。

今回は広いのと、中間検査対象物件ではなかったことが災いして(?!)、検査員の

方も隅から隅までジーックリと確認されました。

結局40分掛けて見られたわけですが、通常はこの半分くらいの時間ですので、結構

長く感じました。が、指摘事項は0(ゼロ)。これにて無事完了検査も済み、あとは外構

工事に邁進していただくのみとなりました。写真は検査員の方が図面と現場を見比べ

ている様子です。

続いての写真は、完成が近付いた現場の様子を少し。

姫路市T邸中庭

木製建具が見えますが、これは幅7mに及ぶリビング開口。勿論全面開口が可能。

ですので、全面開口しますと、もう内外の仕切りがないどころの話しではない開放感!

この開放感は結構感動モノです。

で、続きまして、エントランスの腰掛をデザインしてみましたので、少しご紹介。

姫路市T邸椅子

切り株の腰掛をイメージした椅子です。天板は切り株そのもの。それをミルフィーユの

ように薄いリング状の木を積層したものが支えております。

エントランスで靴を脱いだり履いたりする時のための椅子ですが、普段はオブジェ的

に存在してくれれば良いなー。という思いでデザインしてみました。

中は空洞で、軽量化を図っております。。

といった具合で着々と完成が近付いております。完成まで残り3週間。現場の皆様

最後までどうぞ宜しくお願いいたします。

追伸:本日はお施主様にカーテン類をお選びいただきました。

姫路市T邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 2 / 10 PAGES |
NEXT »
建築中
NEW POST
京都市KR邸
生駒市M邸リノベ
京都市KR邸
京都市OM邸
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED