空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE
20.10.10 Saturday

ここから始まる新たな生活

本日、無事お引渡し致しました。

S様、まことにおめでとうございます!

思い返せば今から7か月ほど前。

ここに写っている地下駐車場から工事が始まりました。

図面で描くのは簡単ですが、実際の空間に仕上げていくのは

いつもの通り「大変なことだなぁ」と現場を見ながら思いつつ、

図面通りに施工頂ける現場の皆さんに感謝、差し入れを欠かさない

お施主様に感謝の日々。

正当な大変さの先には紛れもない良い空間が出来上がることを

信じつつ。

足場が取れ、建物の全貌が現れた日にお施主様から連絡があった8月末。

その文面から喜びが溢れているのを拝見し、私も嬉しさが止まりませんでした。

写真は足場解体後初めて現場に訪れた際の様子。

そしてあれから数か月。

格子や建具、外構の工事など仕上がり無事完成を迎えることが出来ました。

窓から見える公園の緑を借景に、少しだけ変形させた造作キッチンも

うまく製作出来るのか未知数でしたが、家具屋さんが上手に造って

くれました。

当初はまっすぐなキッチンを斜めに置く、という形式でしたが

机とのレイアウトを考慮してこのようなスタイルに落ち着いたのも

S様のご提案。空間に変化が生まれ、動線も少し効率化出来る結果と

なりました。

キッチンカウンターは木ではなく、大判のタイル。

これもS様のこだわりが実りました。

濃茶・土色。そしてグレー。の三色をベースとした落ち着きある

空間に仕上がりました。

本日は、そのカウンター上に数多くのリモコン達が並べられて

おります。

写真はリモコンを使った天窓の操作方法の説明を受けられている

S様ご家族の様子。

リモコンが多いですが、すぐに慣れられると思います。

お風呂のお湯の沸かし方やトイレの使い方など、お引渡し日当日の

恒例の時間が過ぎていく中で、いよいよお引渡しなのだという

嬉しくも少し寂しい気持ちが湧いてくるのも、私の中では恒例

だったりします。

このカットに写っている全てのモノ。

床。階段。階段手摺。キッチン。カウンター。シンク。

水栓。背面収納。その収納扉のガラス。格子。高窓。

家型のリモコンスイッチが収まるニッチ。シーリングファン。

壁の珪藻土クロス。天井の色。建具の枠。巾木。塗装。照明。

その全てをS様と共に選び、決定して出来上がった空間。

これから家具や家電が運ばれ、いよいよS様ご家族の空気と

時間が流れ出します。

今まで現場定例後にはお見送りしていた立場が、本日から

見送られる立場に。

お引渡しが完了した瞬間です。

S様、これからも末永くよろしくお願い申し上げます。

まだ植栽工事などが残っておりますので、ちょくちょく顔を

出させて頂きます!

建築中 | by muranishi | comments(0)

コメントをどうぞ

建築中
NEW POST
京都市Kw邸
京都市K邸
京都市Y邸リノベ
交野市I邸<竣工>
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED