空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE

京都市Y邸リノベ

1階では床暖房パネルの設置が完了しておりまして、その上に養生板が

敷設されている状態です。

引き続き現場では木製建具枠の加工などが行われておりまして

枠の設置が完了しますと、順次壁ボードの施工などへと移行して参ります。

2階ではキャットウォークの下地施工が地道に行われております。

格子を受ける材の加工も終盤を迎えておりまして・・

結構気が遠くなる加工作業ですが、ひとつひとつ丁寧に削り出されていって

おります。

現地では窓の納まりなども検討。

既存鴨居が水平ではないため、その辺りの活かし方や隠し方など細かな点

を大工さんと一緒に検討しまして、方向性を指示させていただきました。

そして吹抜けの手摺廻りに再利用すべく、既存の欄間とご対面。

手摺の落下防止代わりに利用する予定でして、欄間の第二の

人生といったところですが、まだまだ現役で空間を彩って貰います!

京都市Y邸リノベ | by muranishi | comments(0)

施工頂いております竹内工務店の京北にある倉庫にて、キッチンや

作業スペースに使うカウンターの材料をお施主様と共に選定すべく

行って参りました。

写真は桂の木。淡い色合いでキレイな杢目の木です。耳と呼ばれる

樹木の外皮・外郭部分を活かしつつ、キッチンのカウンターとして

利用させて頂く予定です。

その後現場に戻りまして、現在の進捗状況確認やお打合せ事項の

検討などを実施いたしました。

1階廻りの天井下地がボードまで完了しつつあり、壁下地も徐々に

仕上がっております。

2階では窓の配置確認やスクリーンの設置方法などを検討。

キャットウォークの下地も着々と進んでおります。

京都市Y邸リノベ | by muranishi | comments(0)

天井下地が進められております。

出来る限り既存の材料を活かしたいため、本当は既存天井板も

利用出来れば良かったのですが、流石に間仕切り位置などを

大幅に変更する一階部分は新たに天井を仕上げる必要がありますので

このような形となります。

また、縁側だった部分の天井には断熱材を充填して参りますので

同じく天井を新たに形成していくわけですが、現場を見まして

その部分は空間のアクセントとなるように間接照明を仕込んだ

天井に仕上げる方針に転換致しました。

間接照明の端部納まりも検討しつつ、昔の空間に新たな

建築要素を足して参ります。

元階段だった部分には現在梯子が掛かっておりますが

この部分にもう少し緩勾配の階段が架け替えられる予定です。

壁の下地なども着々と進められております。

京都市Y邸リノベ | by muranishi | comments(0)
20.08.22 Saturday

耐力壁の施工が完了し、間仕切りの下地や天井の下地工事が進められております。

写真はキッチンとなる空間の様子。

隣家と密接しているため、レンジフードのダクトルートをお施主様交えまして

よく検討いたしました。

2階には構造用合板も貼られ、まだ梯子での上り下りではありますが

2階に登れる状態となっています。

写真は吹抜けとなる部分。既存の梁をみせつつ、キャットウォークを

つけて参ります。

キャットウォークも空間の一つの重要なデザイン要素となる予定です。

京都市Y邸リノベ | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 3 PAGES |
建築中
NEW POST
京都市K邸
京都市Y邸リノベ
交野市I邸
大阪市T邸<竣工>
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED