空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE コラム > プロフェッショナルとは
10.10.18 Monday

プロフェッショナルとは

■皆さんにとって、プロフェッショナルとは何でしょうか?

 それは、自分が置かれている状況や、他人を評して、プロ

 とはカクあるべし。と様々な意見が出されることと思います。

 今回は、とある国営放送を見ていて思ったことを少し。

 それではどうぞおたのしみください。
_____________________________

■プロフェッショナルとは

 ダウンタウンの松本人志にとってのプロフェッショナルとは何
 か。

 先日、NHKの番組「プロフェッショナル」が再開/復活した。
 再開の第一弾でスポットを当てられたのは、お笑い芸人という
 肩書きを持つ松本人志。その前日に、松っちゃんによる9年ぶ
 りのコント番組を、これまたNHKで放送していたが、そちら
 は見ていない。(見れば良かったと後悔しているが、来月に再
 放送されるらしいので、タイミングが合えば見てみたい)

 で、私が見たのは「プロフェッショナル」のみ。

 笑いの天才と評される松っちゃん。レギュラー番組を週5本持
 っているそうである。今年47歳となるお笑い芸人の「笑い」
 が生まれる裏側を7ヶ月に及ぶ密着取材で、迫るという内容。

 至って単純な感想であるが、お笑い芸人というプロフェッショ
 ナルの廻りには、様々なプロフェッショナルが存在するんだな
 ~と思った。

 放送作家に始まり、舞台セットを造る大道具さん、コントの肝
 となるアイテムを造る小道具さん、ナレーター、カメラマン、
 照明、音声、音響、マネージャーから運転手に至るまで、要は
 全ての人がプロフェッショナルなわけである。

 そして、そういった人達の協力を得て、お茶の間に一つのコン
 トが流される。お茶の間側の私達は、それを見てただ笑うだけ
 である。

 お笑い芸人の誰もがそうかは知らないが、松っちゃんに限って
 言えば、企画からその10分間のコントを撮影し終えるまで、
 実に4ヶ月近くを費やしていた。

 流石に抱腹絶倒だった。

 そして最後に番組からの問いがあった。

 松本人志にとってのプロフェッショナルとは何ですか?

 「そりゃあやっぱり、素人にブッチギリ(の面白さ)で勝つこ
 とじゃないですかねぇ~」

 プロとアマの違いを歴然と見せつける。それがプロなのだ。と。

 多分、今の座に居座るには、「プロにもブッチギリで勝つ/勝
 ち続ける」必要があるのだろうなと、見ていて思った。

 そして、建築でも様々なプロフェッショナルが集まらないと出
 来ないことを再認識する。

 設計事務所である私達が協力を得なければならない人達は、結
 構数多い。まあ、他の職業を経験したことがないので、絶対数
 として多いかどうかは分からないが。

 思いつくままに挙げると、構造家・設備家に始まり、測量士、
 土地家屋調査士、地盤調査士、ゼネコン(工務店)の現場監督、
 土工事・鳶業者、鉄筋業者、型枠業者、鉄骨業者、大工さん、
 サッシ業者、防水業者、板金業者、左官業者、塗装業者、建具
 業者、家具業者、内装業者、設備業者、電気業者、カーテン業
 者などなど。

 その全ての人が、ブッチギリで勝つことを常に願っている。そ
 うしないと良い家は出来ないのだから。

_____________________________

■編集後記

 現場で私達設計者は、手を出さずに口ばかり出すという立場

 かもしれません。多分正直に言えば、手を出したくても出せ

 ないのです。なぜなら、そこは設計者が勝ってはいけない所

 ですし、勝てない領域であるはずだからです。

 自分では上手く出来ないことがわかっているけれども、職人

 さんには上手くやってもらわないと困る。という困った人種

 が設計者かもしれません。

 なぜ口を出すか?

 それは、自分の頭の中で出来上がっている空間とズレている

 時に黙っていられなくなるからです。

 現実は自分の想像に勝って欲しい。それが理由かもしれませ

 ん。
_____________________________

■発  行:空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
      (くうかんこうぼう ようしゃこうぞう)
 住  所:〒602-0914 
      京都市上京区室町通り中立売下ル花立町486
 連 絡 先:TEL/075-432-3883 FAX/075-334-8051

 H  P:http://yosyakozo.jp
 E-mail:info@yosyakozo.jp

 空間に自分でも思ってもみなかった効果が現れたとき
 設計者は密かに笑います。(気持ちワルっ)

コラム | by muranishi | comments(0)

コメントをどうぞ

空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED