空間工房 一級建築事務所

HOME > WORKS ALL > 奈良市M邸

奈良市M邸

NO1
奈良の閑静な住宅街に建つ住宅です。上部には黒ガルバリウムを、下部には白ペンキ塗りを施した、瀟洒な住宅に仕上げました。手前に見えるのは、2台分の駐車スペース。轍部分には、枕木が設置されています。

NO2
玄関を開けると、そこに広がるのは広々とした玄関土間。そして迎えの間。客室としても利用可能なこの空間は、玄関に広がりを与えています。正面山吹色の部分は、収納の扉。落着きを持たせつつ、明るい空間を演出しています。左手には高さを抑えた絵画の額縁を想起させる窓。右手には奥まで続く通り土間が広がります。

NO3
玄関から繋がる通り土間。突当たり、南に設けられた窓から陽射しが差し込み、人々を奥へと誘います。右手には個室群が配されています。

NO4
通り土間右手に位置する個室群の一つ、主寝室。床には無垢パイン材。天井にはシナ合板底目地貼りを用い、ナチュラルな雰囲気にまとめました。奥に見えるのは、ガラスブロックの列。

NO5
明るい陽射しが舞い込む階段室。庭の木々や空の蒼さを眺めながら上階へと誘う空間でもあります。浮遊感を演出するため、大きく窓を取り、階段は1本の鉄骨で支えています。この階段室の視線の抜け感が、2階に大きな役割も果たしています。

NO6
南に面した風と光が舞い込むリビング空間です。正面にはアイランドキッチンが据えられ、家族と団欒しながらの家事が楽しめます。1階同様ナチュラルテイストで統一された空間が、ほっこりした雰囲気で包み込みます。キッチン背部には洗面・浴室・家事室などが配され、利便性に富んだ家事動線となっています。

NO7
キッチンからの眺めです。右手正面のフルオープンサッシを介して広々としたテラスに繋がります。左手に見えるのは、階段室。視線を遮ることなく、風景を臨めることで、広がり感を演出すると共に、南からの陽射しを居室の奥まで取り込むことが可能となっています。開放的な雰囲気の中、日々の家事にいそしむことができる空間です。

NO8
他室同様ナチュラル感を出した洗面。洗面台のワークトップにはモザイクタイルが施されています。鏡は壁面から浮かせ、間接照明が空間を優しく照らし出します。上部ハイサイドライトからは、外部の光が取り込まれ、日中は明るく清潔感溢れる洗面空間に仕上っています。

NO9
夜には、植栽(竹)の影が壁面に映し出され、趣ある風情を醸し出します。2階上部に切り取られたのは洗面室のハイサイドライト。可能な限りデザイン要素を排除し、シンプルな表情を表現しました。



敷地面積:202.19㎡(61.16坪)
延床面積:120.78㎡(36.54坪)
構造規模:地上2階/木造
構造設計:高畑建築構造設計事務所
施工会社:株式会社大仙工務店

空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED