空間工房 一級建築事務所

HOME > MESSAGE

建築中

外壁の透湿防水シート施工や通気胴縁の施工が完了いたしまして

外壁サイディングの施工が開始されました。

まずは北面から。サイディングが貼られるだけで一気に出来上がった感が

増しました。

今回は黒系木目調を縦貼りとし、やや和寄りのテイストを目指します。

内部ではユニットバスの設置が完了しておりました。

色々と悩まれましたが、高級仕様のシャワー水栓を採用され

壁も石目調の落ち着いた雰囲気に仕上がっております。

また、断熱材の工事も進められており、着々と工程が進んでいる感じです。

本日はフローリングや内部建具の色を最終決定いたしまして

今後の工事の段取りも着々と進んでおります。

京都市K邸 | by muranishi | comments(0)

1階では床暖房パネルの設置が完了しておりまして、その上に養生板が

敷設されている状態です。

引き続き現場では木製建具枠の加工などが行われておりまして

枠の設置が完了しますと、順次壁ボードの施工などへと移行して参ります。

2階ではキャットウォークの下地施工が地道に行われております。

格子を受ける材の加工も終盤を迎えておりまして・・

結構気が遠くなる加工作業ですが、ひとつひとつ丁寧に削り出されていって

おります。

現地では窓の納まりなども検討。

既存鴨居が水平ではないため、その辺りの活かし方や隠し方など細かな点

を大工さんと一緒に検討しまして、方向性を指示させていただきました。

そして吹抜けの手摺廻りに再利用すべく、既存の欄間とご対面。

手摺の落下防止代わりに利用する予定でして、欄間の第二の

人生といったところですが、まだまだ現役で空間を彩って貰います!

京都市Y邸リノベ | by muranishi | comments(0)

玄関扉はまだ付いておりませんが、玄関を開けると右手には

格子の壁が広がります。

玄関土間とリビングを隔てる壁ですが、完全に仕切るのではなく

視線や光が行き来出来るようにすることで、圧迫感を和らげ

広がりを生み出す工夫を施しています。

仮に玄関扉を開いた状態でも、中を見通すことが出来ない

のが格子の効果。

格子に正対して初めて中を伺うことが出来ます。

中から見ますとこのような感じ。

奥に空間が広がっている感じとなり、閉塞感が薄まります。

内部では、いよいよ内装クロスの工事が始まりました。

今回は土色ベースに濃茶のアクセントを配したインテリアを

予定しております。

恐らく来週には完成形をご覧頂けるかと思いますので、

どうぞお楽しみに!

交野市I邸 | by muranishi | comments(0)

お引渡しから丸一年が経過致しました。時間が経つのは早いものです。

一年経過致しましたが、キレイにお住まいの様子で嬉しい限りです。

建具の調整など是正すべき箇所も勿論ございますが、建物は概ね良好

な状態でした。

お施主様は粋な方でして、祇園のうちわ飾りを掛ける場所の

ご相談を受けました。

玄関にこのうちわ飾りが飾られる予定。

「コロナ期間中、すごもりにはもってこいの空間でした。」

と嬉しくも有難いお言葉を頂戴いたしました。

うちわ以外にも暖簾を誂えられる予定とのことで、ますます

暮らしを楽しんで居られます。

大阪市T邸<竣工> | by muranishi | comments(0)
« PREV
  • | 1 / 4 PAGES |
建築中
NEW POST
京都市K邸
京都市Y邸リノベ
交野市I邸
大阪市T邸<竣工>
ARCHIVES
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
住所:〒602-0914京都市上京区室町通り中立売下がる花立町486
TEL:075-432-3883
FAX:075-334-8051
ALL CONTENT COPYRIGHT 2012(C) KUKANKOBO YOSYAKOZO ARCHITECYS OFFICE ALL RIGHTS RESERVED